home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

返還額の傾向

CFJの場合、任意の和解で満額回収することは難しい傾向にあり、
満額回収するには訴訟提起が必要となります。
任意和解の金額については、

以前は5割程度の回収でしたが、
最近では7割から8割くらいを回収することができ、
稀に9割の回収ができることもあります。

分断がある場合は、
CFJ計算による分断後の額の8割というケースが多くなっています。
裁判になれば満額回収できることもありますが、
案件によりかなり返還額はかなり違ってきます。

なかには100円刻みで交渉してくるケースもあります。
訴訟前は、悪意の受益利息の5%を付けて和解をすることは難しいでしょう。
複数契約をしていたり分断がある場合は、
一連での計算を認めず譲歩での和解を進めることはほとんどできません。

CFJは、分断があると徹底的に争って来る傾向があります。
裁判では分断ではなく別取引だと主張し、完済後、
1日でも期間が空いていれば「基本契約が別々だから分断ではない」
と言い張ります。

取引履歴と一緒に契約書のコピーが送られてきますが、
訴訟を起こすとCFJが提出してくる原告(依頼者)の書類が充実していて
証拠書類がきちんと揃っているため、
裁判官の原告に対する心証が悪くなることもあります。

冒頭ゼロスタートのケースも時折あり、
裁判所にはごく稀に出廷してくることもあります。

その際には、いきなり出廷して来て微妙なラインで強引に
和解をしようとしてきます。

その内容は、「両者の主張の真ん中で和解しませんか」
というようなものです。

ページのTOPへ

返還日の期日

和解後の返還日は約2カ月後となります。
これは訴訟をしても同じですが、判決になると約1カ月前後と早くなります。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ