home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

裁判事例やその他の悪徳行為とこれからの展望

CFJの場合、個別・一連の争いがあるときは
徹底的に争ってくる傾向が強くなります。

裁判の際には、30頁前後の答弁書や準備書面を提出してきます。
中には答弁書の本文だけで43頁にも及ぶものを出してくるケースもあり、
代理人の間では裁判資料が多い貸金業者として有名です。

これらを見ても、解決までにはかなりの時間を要する業者となります。
分断が1年未満であれば一連取引が認められるケースが多いため、
訴訟提起後には一連計算をすんなりと認めてくることもあります。

1年以上の分断の場合には、
原告側の主張や立証内容により和解交渉の内容を考えてきます。

CFJの場合、争点が多いのが特徴で、
取引の分断や悪意の受益者だけでなく、
悪意の受益者の利息発生時期や契約個数、
マルフク債務の承継、その他業者からの債務の承継など多数に及びます。

2010年5月27日の判決によれば、
「取引の空白期間の存在は、
各証拠によればそれぞれの取引開始時には別途融資申込みの手続き
が行われたことも窮われるが、
その期間は10カ月余、6カ月余であり、必ずしもそれほど長期間ではなく・・・

これらの事情を総合的に考慮すると、
本件取引全体を通じて基本契約に基づく一連一体の取引であることが
前提とされていたものと見るのが相当であり、
これに反する被告(CFJ)の主張は採用しない」

「被告は一連の取引を別個独立の取引だとして過払金相当額の
不当利得返還請求権につき消滅時効の主張をしているが、
被告の主張はその前提を欠き採用し得ない」
「法律上の原因がないことを知りながら
過払金相当額の利益を取得した悪意の受益者であると推定されるべきである」

「原告の被告に対する過払金相当額の不当利得返還請求権
に付すべき利息の利率は
民法所定の年5分となる」などをCFJに対して言い渡しています。

CFJは2003年に合併したものの、
ブランドは「ディック」「ユニマットレディス」として営業していましたが、
2008年11月28日付で「CFJ合同会社」として組織変更を行い、
同時に新規顧客への貸付を停止し、消費者金融業務からは撤退しています。

ページのTOPへ

取引履歴開示日

CFJの場合、2週間程度で全取引の履歴を開示してきますが、
ケースによっては1カ月程度かかることもあります。

タイヘイやマルフクからのユニマット系に関しては、
取引履歴は一部のみの開示となることもあります。

「取引明細書」と称する取引履歴は、
「取引日」「貸付金額」「返済金額」「借入残高」
だけを抜き出したものをFAXで送ってきます。

また、CFJの場合、10年前より以前の取引履歴については
「データを破棄している」という理由で開示してこないことが
あるだけでなく、
その時期も10年であったり7年であったりとまちまちです。

たとえば、1996年の取引から開示してくることもあれば、
1988年から開示してくることもあります。

このように開示してくる時期がまちまちであっても、
「当社がデータベースで保有しているすべての取引履歴を開示しています」
と主張してきます。CFJ側としては、ディックとアイク、
ユニマットが合併したため、最初の借入がどの会社かによって
開示できる履歴が違ってくるという訳です。

また、マルフク、アエルなど複数の貸金業者から債権譲渡を受けていますが、
アエルに関しては過払い金債務の引き継ぎはしていないと
強固に主張しています。

取引履歴の開示にはじまり、過払い金返還手続きに関しては、
CFJの担当者から回答をしてくることはほとんどなく、
代理人が連絡をしても担当者がなかなかつかまらず
交渉は極めて困難となります。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ